EEMNS イーメンズ国際平和教育 
’99〜「国際児童生徒・絵画交流会」
交流国:日本・英国


リストマーク MAY 2001

私達EEMNSは、イギリス国内において、より多くの子供達がこのプログラムに参加してくれるよう、プログラムの浸透を願って、イギリス国内に幾つかの支社を持つ日本電器株式会社(以下NEC))に、プログラムに対する協力を呼びかけました。NECには、「社会貢献部」という色々な社会活動をサポートする部署があり、私達はこの社会貢献部のスタッフである大田さんの協力を得て、イギリス国内にあるNECの各支社に、このプログラムへの協力を依頼しました。
 



リストマーク JUNE 2001

このEEMNSとNECの呼びかけに応えてくれたのが、ロンドンの南 Leatherhead に位置するテレコム・モダス社でした。テレコム・モダス社の Ms. Sara Hill はこの Leatherhead にある2つの学校とミーティングをもち、学校がこのプログラムに参加するための幾つかのプロセスにおいて、色々な準備をしてくれました。



リストマーク OCTOBER 2001

このテレコム・モダス社の呼びかけに応えてくれた

-
The Vale Primary School
-
St. Mary Infant School

から、合計107枚の素晴らしい絵画がEEMNSの元へ到着しました。


リストマーク JANUARY 2002

2002年1月14日、テレコム・モダス社のMs. Hill の提案により、 The Vale Primary School で絵画交換交流のセレモニーが行われました。テレコム・モダス社で日本語教師をしている関さんが、日本についてイギリスの子供達の質問に答えたり、日本の子供達の絵の説明をしてくださいました。イギリスの子供達は、日本の子供達の生活について、とても興味を持ったということです。 The Vale Primary School の校長先生は、「子供達にとっても、教師にとっても、日本を知るとても楽しい機会になり、これをきっかけに日本について学んでいきたい。」とおっしゃったそうです。



『セレモニー会場の様子』

『関さん(左)と校長先生(右)と子供達』

子供達に日本の子供達が描いた絵の説明をする関さん』


ライン

BACK